Civil Works  シビルワークス         Since 2001.10〜 今日は

     

「Locus Pro」は、車両旋回軌跡図「トラック&セミトレーラ統合版」の上位版となる軌跡図最新シリーズです。
「Locus」とは「軌跡」、多くのユーザー様からご好評を頂いた「セミトレ統合版」の全機能を継承した上で、さらに
走行シミュレーション機能や止めハンドルでの連続旋回軌跡作画機能など、多くの新機能を加えて一新しました。
「Locus pro」は、シビルワークスが自信を持ってご提供する「車両軌跡図ソフト」の高機能版です。
なお、弊社ソフトは全て、体験版としての試用が可能です。「ソフトのDownload」からダウンロードしてご試用ください。

【Excel2010をお使いのお客様へ】
Excel2010にはバグ(不具合)が報告されており、もし軌跡図ソフトが起動しなくなるなどの不具合が生じた場合は、下記サイトにてバグ修正を実行して下さい(既に何件かお客様からの報告があり、下記サイトにて対処後は問題が解消されることを確認しています)。
バグ修正はこちら
!→
マイクロソフトサポートサイト(Excel2010)

ダウンロード画面へ
注)走行シミュレーションは、Locus proのみ可能です。また、止まりハンドルでの連続旋回もLocus proオリジナルです
 走行シミュレーション画面/ 旋回条件 ●IP2、IP3・・・初期ハンドル角ゼロ旋回、●IP1、IP4・・・止まりハンドル旋回
 
 ■「Locus Pro」の概要
「Locus Pro」は、車両連続旋回軌跡図(トラック&セミトレーラ統合版)」の上位シリーズです。本ソフトは、主に以下の文献に基づいて車両軌跡図の作成や走行シミュレーションをおこないます。
@ 「セミトレーラ及びフルトレーラの直角旋回軌跡図の様式」
(JASO Z 006-92)(社)自動車技術会
A 「旋回軌跡による偶角部の設計について
(土木研究所資料 昭和54年1月 旧建設省土木研究所道路部道路研究室)
(ただし、止めハンドルによる連続旋回の作図方法の説明は こちら。)
ダウンロード画面へ マニュアル
出力例
(設定条件印刷)
動画ツアー(操作編)
動画ツアー(活用編)
走行シミュレーション動画サンプル
  • アイコンをクリックすると新規ウインドウが開き、PDFファイルもしくは動画が表示されます。また、アイコン上で「右クリック」-「ショートカットメニュー」-「対象をファイルに保存」を選択すると、各ファイルをダウンロードすることができます。
  • マニュアル、出力例をご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。ダウンロードはこちら→pdf
  • 動画ツアーを視聴するには、 Windows Media Player が必要です。 ダウンロードはこちら→wmp
 ■適用基準及び参考文献
 
適用基準
  • 「道路構造令の解説と運用」(2004年2月、(社)日本道路協会)
参考文献
  • 「旋回軌跡による偶角部の設計について」(土木研究所資料 昭和54年1月 旧建設省土木研究所道路部道路研究室)
  • 「セミトレーラ及びフルトレーラの直角旋回軌跡図の様式」(JASO Z 006-92)(社)自動車技術会
  • 「輸送マニュアル2000版」(社)鉄骨建設業協会、(社)日本橋梁建設協会発行
 ■「Locus Pro」の新機能 
新機能 概 要

止めハンドルによる連続走行軌跡図の作画機能
これまでの「初期ハンドル角ゼロ旋回」(通常旋回)に加え、より急旋回が可能な「止めハンドル(止まりハンドル)」による連続旋回に対応しました。また、それら2種類の異なる旋回方式が混在する旋回も可能です。
「止めハンドル」による連続走行軌跡の作画方法は こちら
走行シミュレーション機能 走行ライン上を車両が進行する状況を画面上で確認できる「走行シミュレーション」機能を新たに追加しました。走行中の走行速度の調整も可能です。

車両リストの規定値登録機能 ユーザー側で変更もしくは作成した車両データリストを、規定値として登録する機能を追加しました。規定値として登録すると、次回起動時より、自動的にそのリストが初期リストとして表示されます。
IP形状確認機能 入力したIP座標を画面上にプロットし、位置及び線形を確認する機能を追加しました。(IP点の入力途中など、いつでも表示可能です)
 ■「Locus Pro」の詳細
 作図可能な旋回図は以下の3タイプです。
下記は主な入力画面の概要です。Locus Pro全体の入力の流れについては、操作フローチャートをご覧下さい。
■旋回方法
車両種別及び旋回方法の選択等を設定します。
メニュー外観は「統合版」とほぼ同じ仕様です。


■車両データ(トラック・セミトレーラ)
車両寸法等のデータを設定します。LocusProからは、車両リストの規定値登録が可能となりました。
■車両データ登録・編集
ユーザー側で車両を登録したり、変更することができます。作成した車両リストは、csvファイルに保存しておくと、後で利用する際に便利です。

■旋回条件(連続旋回・単一旋回)
旋回時の旋回線形を設定します。LocusProからは、止めハンドルによる連続旋回が可能となりました。
■描画設定
軌跡図の画面出力及びDXF出力時の描画設定をおこないます。

■IP形状確認
入力したIP座標を画面上にプロットし、配置やIP線形を確認できます。(LocusProの新機能)

■走行線形の描画
直線と曲線で構成された走行線形を表示します。(LocusProの新機能)

■走行シミュレーション
走行ライン上を車両が進行する状況を画面上で確認できます(LocusProの新機能)

 ■設計への適用例
下図は、設計への適用例です。
■設計への適用例@
駐車場の出入り口付近の検討に使用した例(セミトレーラの連続旋回軌跡図、止めハンドル旋回)

■設計への適用例A
交差点に隣接した市道への左折検討(セミトレーラの連続旋回軌跡図、一部止めハンドル旋回)

 

 ■必要システム
オペレーティングシステム(OS) Windows XP
Windows Vista
Windows 7、8、10
必要ソフト MS-Excel2000以降
ハードウェア Pentium V 800MHz以上
ディスプレイ 画面解像度1,024×768ドット以上(厳守)
マウス 本体に対応し、日本語MicrosoftWindowsで使用可能なもの
プリンター 本体に対応し、日本語MicrosoftWindowsで使用可能なもの

Top_page